2011年12月31日

まさかの「さつまいも攻撃」

猫屋敷の主人に、
「これを喰ってろ」と、さつまいもの甘納豆なるものを1袋貰った。
ここに来て、まさかのさつまいも攻撃(笑)

…チョコがいいれす。
タグ:食べ物
posted by 優香女王様 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

今日はありがとうございました

新刊(コピー誌)を忘れた。
釣り銭を交換してくるのも忘れた。
口紅を猫屋敷に忘れた。

ホント、だめだめ…

それでも友達やお隣さんのお陰で乗り切れたさ。
ありがとうです。


そして買ってくれた方もありがとう。
次はちゃんと新刊を持ってきます。


それから、例の「同人が親を看取る時」が、役立ったとのお声をいただいた。
あの同人誌は、必要が無い方がよい同人誌の一つ。
(他のは「大地震! 東京からの帰り方」ね)
役に立ったのは良いことだが、それは「御愁傷様でした」な状況になってしまったと言うことだから。
まあこればかりは、家族が生きていて、それなりに暮らしている人には、必ずや訪れることだしな。

家族が疎遠な人と、もう看取る家族が居なくなった人、そして家族が居ても自分が看取られる方でないと関係無いってことだしな。
まあそういうことで。
在庫もカウントダウンに入ったので、欲しい方はお早めにどうぞ。


20111230-国際展示場駅前に止まっていた痛車
20111230-国際展示場駅前に止まっていた痛車
posted by 優香女王様 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

明日はコミケ

明日はコミケに参加します。
よろしこ。
posted by 優香女王様 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

猫が帰ってくるおまじないは、効くようだ

実は、猫屋敷のななちゃんが、22日に家出をした。
それで主はかなり探したのだが、見付からなかったそうだ。
そこでネットで見付けた「猫の返ってくるおまじない」のやり方をメールした。

そし今日、私が猫屋敷で留守番をし、猫砂掃除をしていると…
明らかに外から猫の声。

声のした駐車スペースに行くと…
おおっ、黒猫が寝そべって、ひなたぼっこをしているではないか!!

「ななちゃん!!」と名を呼ぶと、「にゃあ」と応える。
しかもななちゃんは、特徴のある尻尾を持っている。
確認完了!! 保護完了!!

ななちゃんはケガもなく、多少は痩せたものの、元気だ。
時間をかけたものの、シーバ1袋とモンプチ1缶を食べて、吐かないくらいに(笑)

帰ってきて、餌を食べて、衣装ケースの上に陣取っているななちゃん
(猫屋敷の主に発見の報告と状況を知らせる為に撮った)
帰ってきたななちゃん

ちなみに返って来るおまじないと言うのがコレ
百人一首のひとつ、「たちわかれ いなはのやまの みねにおふる まつとしきかは いまかへりこむ」
を、紙に書いて家の玄関に貼っておく。

それが効いたのかどうかは判らないけれど、帰ってきたのは確かだ。
困った時には、試してみるがよろし。


そして優香さんは、今晩はお寿司を一杯食べることが出来ましたとさ。
まぐろうまうま、ぼたんえびうまうま〜
めでたしめでたし。
posted by 優香女王様 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

雪、雪て、進軍(違)

朝、家を出ると、比叡山が白っぽかった。
琵琶湖線下りが、既に雪の為に遅延。
案の定、安土は真っ白だった。
米原での乗り換えの為の待ち時間は、すげー寒かった。
関が原付近では、そりゃあ木も倒れるわなと言う雪。重みで湾曲している木が見受けられた。
でもそこを過ぎると、「雪、何それ?」って感じ。
静岡なんて暖かそうですらあった。

でもなんか福島県辺りでは、大雪の為、JRの遅延&運休が出ているそうな。
大変だな…

つーことで、今、猫屋敷どす。

ねこ〜、ねこ〜、ねこ〜
遊ぼうぜ♪
posted by 優香女王様 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

寒いよ、雪だよ

昨日の夜中、急に寒くなったかと思えば、朝、雪がちらついていたよ。

それで案の定と言うか、関が原で雪の為に木が倒れて、新幹線が止まった。
ここで雪ってことは、関が原は銀世界ってことだからな。
そしてあそこの雪は、自然現象の起すテロと言ってもいいだろう。何時、ドカ雪で止まってもおかしくない場所だしな。
関が原の戦いの戦死者の怨念が、そうさせるのじゃよ。←違います

その割には、人死には無いのな。

どーでもいいが、(コピペだ)
関ヶ原の戦い  東西あわせて16万人
コミケ       1日でMAX20万人(3日で52万人) (;´Д`)コミケやばい

そして今、コミケは世界最大級のイベントになっているらしい(笑)
日本の漫画が好きなどこぞの長男や三男も、ディズニーランドのついでに来ていそうだ。←影武者を用意しなくても、勝手に湧いていそうだ
posted by 優香女王様 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

スティックブロッコリーの収穫時について

スティックブロッコリー。
それは弱いので、流通には乗らない。だからほぼ家庭菜園オンリーな野菜だ。

さて、このスティックブロッコリーの食べ頃。つまり収穫時期に悩んでいる人がいるらしい。
「スティックブロッコリー 食べごろ」などの検索でここに辿り着いている。
なので教えてあげよう。

これが普通、スティックブロッコリーと呼ばれているモノだ。
当然、喰えるので収穫出来る。
20111225-スティックブロッコリー

こちらは花が咲いた状態だ。
やっぱり喰えるが、出来れば花の咲く前に収穫しよう。
但し、料理の飾り付けなどで花を生かしたいのなら、それはそれでOKだ。
20111225-スティックブロッコリーの花

こちらが小さなステックブロッコリー。
はっきり言ってしまえば、脇芽だ(笑)
勿論、喰えるので、収穫出来る。
脇芽はほおって置いても余り大きくならないので、花が咲く前に収穫しよう。
20111225-スティックブロッコリーの脇芽


◆乱暴な結論◆
好きなときに採って食べるがよろし

◆親切な結論◆
茎が直径1cmを越えると、切った時に苗への負担が増える。そしてそこから痛むことがある。そうしたら苗も弱る。
花が咲く前で、かつ、茎の直径が2cm程度かそれ未満が、なおよろし
タグ:植物 食べ物
posted by 優香女王様 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・家庭菜園など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

サンタをストーカーしてみた

サンタは京都を爆撃… もといプレゼントを配った後、比叡山を越えて、琵琶湖を越えて、名古屋に向かう。

眼下に広がる滋賀。
何よりも、しっかりと認識出来る矢橋の帰帆島。しかもはっきりグラウンドまでが判る状態(爆笑)
草津上空を飛んでるよ(大爆笑)
当然、ウチの家も見えるワケで…

その後、名古屋へ。
富士山の見える場所での、新幹線との競争は無くなった。

名古屋、厚木、横浜、東京…

今年の映像は福島かと思われたが、なんと!!

何時もより長めにですか。

上空から見える仙台の海岸。
…そこは、すべからく津波が来た地域。・゚・(ノД`)・゚・。
posted by 優香女王様 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年もサンタを追跡する日がやってきたよ♪

今年も近付いて来ました、Noradのサンタ追跡プログラム。
日本時間の今日18時に、サンタが世界一周爆撃… もといプレゼントを降らすに為に飛び立つよ。

今年、注目すべき点はコレだな。
・サンタは福島県に立ち寄るのか?
・サンタは平壌(ピョンヤン…北朝鮮の首都)にプレゼントを落とすのか?

あとNoradのサンタの家らしき絵(CG)に、ペンギンがいるのは何故だろう?
※サンタの家は北極圏。ペンギンは生息していない。
きっとサンタのペットなんだね(笑)

おおっと時間だ!


NORADのサンタ追跡プログラムは こちら

ぐぐる地球やぐぐる地図でも見られるよ
posted by 優香女王様 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

雷かと思ったら打ち上げ花火だった

さっきまで打ち上げ花火が五月蝿かった。
そう、花火大会があったのだよ。
この寒空に。
(だからこそ響くのか?)

大津のアーカス主催らしい。
無論、くそ寒いので見に行かない。

琵琶湖のお陰で、妙な時期に打ち上げ花火の音がする。
春にも上がるし、秋にも上がる。


そんな琵琶湖だが、
かつて琵琶湖でも津波が起こり、集落が沈んだことがあるそうな。
その遺跡は今でも湖底に残っているんだと。
自然って怖いよな。
posted by 優香女王様 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 湖の国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする